【メンズBBクリームの落とし方】クレンジングの手順や選び方など

メンズBBクリーム、皆様は使われていますでしょうか。

メンズBBクリームは青髭やシミ、クマやニキビ跡なんかも隠すことができ、肌をきれいに見せることができる非常に便利なアイテムですよね。

ところで、

その、BBクリームはどのように落としていますか?

正しい方法でしっかり落とすことができていないと、肌トラブルを招く原因になってしまいます。

そこでこの記事では、BBクリームの正しい落とし方、さらにクレンジングの種類や特徴をご紹介していきます。

本記事の内容
  • クレンジングの必要性と注意点
  • クレンジングの種類と特徴
  • メンズBBクリームの正しい落とし方【種類別】
目次

クレンジングはなぜ必要?注意点は?

結論から申し上げますと、メンズBBクリームを使用した際はクレンジングは基本的に必要です。

それはなぜなのでしょうか。

まずは、クレンジングの必要性や注意点について解説します。

クレンジングが必要な理由

クレンジングはメイクを落とすために行うものです。

と聞くと、「メイクって洗顔料だけで落ちるんじゃないの?」と思いますよね。

しかし、メンズBBクリームは全般的に油分の配合量が多く、洗顔料だけでは完全に落としきれないのです。

あず

では、メンズBBクリームの成分が肌に残ると、肌にはどのようなことが起こるのでしょうか。

そもそもクレンジングは肌表面の汚れだけでなく、BBクリームはじめとしたメイクや毛穴の奥の汚れも落とす作用があります。

クレンジングをしないと毛穴に入り込んだ成分がそのまま残ることになり、すると成分と皮脂、汗、古い角質などが混じり合って毛穴内部で酸化します。

そしてこの状態になると、いわゆるいちご鼻になってしまったり、ニキビができやすくなったりと、肌トラブルが続発するリスクが高まるのです。

ですので、メンズ用BBクリームを使用した際には、1日の終わりにきれいにクレンジングすることが必要なのです。

クレンジングの注意点

まず、クレンジング剤には拭き取りタイプ洗い流すタイプがあります。

肌が受ける刺激をできるだけ減らすのであれば、洗い流すタイプを選んでください。

また、種類によってダブル洗顔が必要なタイプや不要なタイプがありますので、取り扱い説明書の指示に従って正しく使うように注意しましょう。

そしてもうひとつ、クレンジング剤を肌に馴染ませる際には、擦らず優しく馴染ませましょう。

特に肌が刺激を受けやすいオイルタイプやリキッドタイプで擦ってしまうと、それが原因で肌荒れが起こることがありますので、十分に注意してくださいね。

あず

まとめるとこんな感じ。

クレンジングの注意点
  • 肌への刺激を極力減らすために洗い流すタイプがオススメ
  • W洗顔が必要なタイプと不要なタイプがあるので説明書をよく読む
  • とにかく擦らずに優しく馴染ませる

知っておきたいクレンジングの種類と特徴

前述の通り、メンズBBクリームを使用した際は、クレンジングで落とさなくてはなりません。

とはいえ、クレンジング剤に多くの種類があるため、選ぶ際に迷う方も多いはずです。

まずは、クレンジング剤の種類と特徴からご紹介していきます。

オイルタイプ

文字通り、オイル主体のクレンジング剤で、がっつりメイクも簡単に落とせるという特徴があります。

しかしその一方で、肌が受ける刺激が強いため、肌が弱い方にはおすすめできません

また、オイルタイプは皮脂も溶かしてしまうため、使用後に肌が突っ張ったり、乾燥したりすることがありますので、乾燥肌の方も避けたほうが良い種類です。

オイルタイプは、どちらかというと脂性肌の方に向いているので、肌質をよく見極めた上で使用を検討しましょう。

リキッドタイプ

水と洗浄成分の配合量が多いタイプのクレンジング剤で、サラサラとした見た目に反して肌に与える刺激が強いという特徴があります。

リキッドタイプもまた、がっつりメイクをきれいに落とせますが、肌が弱い方や乾燥肌の方は、ひとまず避けたほうが良い種類です。

リキッドタイプも、どちらかというと脂性肌の方に向いています

クリームタイプ

油分と水分をバランス良く配合したタイプのクレンジング剤で、肌への伸びが良く刺激も弱いため、肌が弱い方でも不安なく使えるクレンジング剤です。

また、オイルタイプやリキッドタイプよりもクレンジング力はやや劣るものの、ほとんどのメイクは落とせるため、メンズ用BBクリームのクレンジング用としても適しています。

クリームタイプには保湿成分を配合している種類もありますので、肌が弱い方や乾燥肌の方は、そのような種類を選ぶと良いでしょう。

クリームタイプは、ほぼすべての肌質に対応できるクレンジング剤です。

バームタイプ

見た目はクリームタイプと似ていますが、肌に馴染ませると体温で溶けてオイル状に変化するという特徴があります。

つまり、”固めたオイル”という認識を持っておく必要があるということです。

バームタイプでは、オイルクレンジングほど強い刺激はありませんが、洗浄力が強い分、肌が弱い方や乾燥肌の方は注意しなければなりません。

心配なら、クリームタイプのクレンジング剤を選んでおくことをおすすめします。

ジェルタイプ

文字通り、ジェルタイプのクレンジング剤で、オイル成分は配合されているものの、サッパリとした洗い上がりが特徴です。

この種類は製品によって配合成分にバラツキがあり、洗浄成分が多く配合されている種類や、洗浄成分よりも保湿成分の配合量が多い種類などがあります。

メンズBBクリームのクレンジング用として購入するなら、洗浄成分の配合量がやや多い種類を選んでおくと良いですね。

ジェルタイプは肌にかかる刺激が比較的弱いため、肌が弱い方や乾燥肌の方にもおすすめです。

ホットクレンジングの多くはこの種類に分類されており、ほぼすべての肌質に対応できます。

ミルクタイプ

乳液のようにとろみがあるタイプのクレンジング剤で、肌が受ける刺激が弱いという特徴があります。

水分の配合量が多いため、どちらかというと肌への密着度が低いパウダーファンデーションのクレンジングに適したタイプだといえるでしょう。

肌への密着度が高いメンズ用BBクリームのクレンジング用としてはあまりおすすめできません。

シートタイプ

シートに洗浄成分が配合されたタイプのクレンジング剤です。

この種類は、シートという性質上、クレンジング時には肌が強い刺激を受けるため、普段使いとしてはおすすめできません

また、シートクレンジングだけではメンズ用BBクリームを完全に落とすことができないため、ダブル洗顔が必要になります。

シートタイプクレンジングは、キャンプなどで水を自由に使えない環境など、急場しのぎ用として考えておくと良いでしょう。

クレンジング剤でのメンズBBクリームの落とし方

それでは、クレンジング剤を使ったメンズ用BBクリームの使い方をご紹介していきます。

こちらでは、

・【オイルタイプとリキッドタイプ

・【クリームタイプ、バームタイプ、ジェルタイプ、ミルクタイプ

に分けて、使い方を解説していきます。

おすすめ度が低いシートタイプについては今回は割愛させていただきます。

オイルタイプ・リキッドタイプの使い方

オイルタイプとリキッドタイプは流れてこぼしやすいので、準備段階として手のひらのくぼみにとってから、両手のひらいっぱいに広げてください。

オイルタイプ・リキッドタイプの使い方はこちら。

オイルタイプ・リキッドタイプ
  1. 額、鼻、小鼻、あごを中心として顔全体にクレンジング剤を伸ばします
  2. クレンジング剤とメンズ用BBクリームが混じり合って乳化(白くなる)するまで円を描くように馴染ませます
  3. 乳化(白くなったら)はメイクが浮いた合図ですので、この状態になったらお湯で洗い流します

コツとしては、指先の感触が軽くなるまでしっかりと馴染ませてから洗い流すということです。

完全に乳化させていない状態で洗い流してしまうと、肌にBBクリームの成分が残ってしまいます。

必ず完全に乳化したことを確認してから洗い流してください。

クリームタイプ・バームタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプ

基本的にはオイルタイプとリキッドタイプと同様の要領で使えばOKです。

ですが、クリームタイプとバームタイプにはもともと色が付いていることが多く、乳化したかどうかがわかりにくいことがあります。

そのようなときにも、指先が軽くなるまで馴染ませることを基準に考えてください。

あず

ジェルタイプとミルクタイプも同様ですので、ぜひ参考にしてください。

メンズBBクリームの落とし方【まとめ】

今回は、メンズ用BBクリームの落とし方について解説してきました。

また、クレンジング剤の種類や特徴、使い方についてもご紹介してきましたので、ご自身の肌質をよく見極めた上で、どのタイプにするかを決めてみましょう。

クレンジング剤の中でもオイルタイプとリキッドタイプはメイク落ちが良いというメリットがあります。

その反面、肌への刺激が強いというデメリットがありますので、肌が弱い方や乾燥肌の方は十分に注意してください。

あず

正しくBBクリームを落として肌トラブルが起こらないよう心掛けていきましょう!

今回は以上となります。

↓応援して頂けたら嬉しいです!↓

にほんブログ村 美容ブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる